2013年05月11日

退院が決まった。

オババの退院が決まった。

もちろん病状が良くなっての退院ではない。

あれから結局、生検術の手術はやめて家族と話し合いの結果、
放射線や抗がん剤の治療もせずに自宅で見送ろうという話になったからだ。

生検術も一度考えて行ってもらう方向でいたけれど、
その時点でババの体力面、元々の片麻痺だったこともあり放射線や抗がん剤の治療は考えてなかった事と
手術2日前に菌血症と敗血症に罹り病院から延期の話もあり、
結局延期して手術しても結果が出るまでにどうなっているか分からないし、
悪化してる事には間違いないので取りやめたのでした。

それをもう一度脳外科長の先生と話し合い、
ステロイドで一時的な治療も可能だという話もあったけど、
それも断り家で看取りたいと提案。

しかも脳腫瘍も更に倍になっており、余命2〜3ヶ月と言われていたが、
1〜2ヶ月と言われました。

病院サイドも今後治療を続けないならば転院が自宅になりますとの話だったので、
”死ぬなら家がいいよ・・・”と言っていたババの願いを叶えるべく
自宅での体制を整えなくてはいけないので看護相談室に相談。

退院後は訪問医師と訪問看護による診察と自分達家族でケアしていかないといけないので、
訪問医師と訪問看護師を紹介してもらい、
家で今後やるべき事、2〜3時間置きに行う痰の吸引やオムツ替え、清拭、体位変換などの指導を
看護師さんから受けた。

その中でも痰の吸引は苦しそうで、しかも鼻と口からだから見てる方が辛かったけど、
やってみると段々慣れた。

もちろんババは苦しそうだけど・・・

そして今度の火曜日にいよいよ退院が決まりました。

今も昏睡状態で多分更に大きくなった脳腫瘍と戦っているババ。
自宅での準備もほぼ出来ました。

余命1〜2ヶ月と言われてから、もうすぐ1ヶ月が経とうとしています。

帰って来てから多分私たち家族はすごく大変な日々になると思うけど、
後悔しないように最期の時までババと一緒に頑張ろうと思います。

posted by やっちゃん at 19:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。